岐阜の四川料理「開化亭」

ヌーベルシノワで知られる名店でフルコースのランチ

知人の勧めで、岐阜の四川料理レストラン「開化亭」に行ってきました。

このお店はヌーベルシノワと呼ばれるフレンチなどを取り入れたオリジナリティーあふれる料理が楽しめるらしい。 ランチタイムの利用ですが、せっかくなので贅沢に6,000円のフルコースを予約。車での訪店だったので近隣の駐車場に車を入れ、お店へ。

お店の入り口はコンクリート打ちっぱなしの壁に黒い扉で、シンプルな感じ。店内に入ると女性のスタッフが席に案内してくれた。店内は対面のオープンキッチンで、カウンター席が8席ほど。えっ?これだけ?と思いきや、2階にも席があるようだ。

カウンターの一番奥の席に通され、飲み物のメニューを。まずはビールを・・といいたいところだったが、この日は車で、この後奥飛騨まで行く予定になっていたので、ノンアルコールビールで我慢することにしました。

カウンターの中は鍋を振っている若い男性と、それをサポートしているスタッフが2人、それにホールをみている女性スタッフとなっていました。 料理が来るまで周りを見渡すと、店内もコンクリートの壁に木目のカウンターと至ってシンプル。無駄なものはほとんど無いといった感じです。上着は後ろの壁に掛けられるようハンガーが用意されています。厨房の中はフードから壁までどこもピカピカで、とても衛生的でした。

まず出てきたのはアミューズ的な感じで、ホタテ貝柱とウニの揚げ餃子

岐阜の四川料理 開化亭 ランチフルコース

「一口でお召し上がりください」とアナウンスされたが、やはり中身が気になる。

岐阜の四川料理 開化亭 ランチフルコース

半分がじって見ると中から温かいジュースが口に広がった。バターとウニの風味が口に広がる。一口で・・・という意味がよく分かった。

次に出てきたのは3つに仕切りがあるプレートに盛り付けられ前菜の盛り合わせ。 トマトとピータンに味噌をかけたもの

岐阜の四川料理 開化亭 ランチフルコース

飛騨牛のローストビーフと牛ほほ肉

岐阜の四川料理 開化亭 ランチフルコース

トコブシやサーモン、パテ、キュウリの漬物

岐阜の四川料理 開化亭 ランチフルコース

どれも冷たい前菜で、一つ一つ味に個性があって色々楽しめる感がとても良い。もちろんどれも美味しいです。

続いてフカヒレと冬瓜のスープ

岐阜の四川料理 開化亭 ランチフルコース

小さいけどしっかりフカヒレの形をした塊りが入っています。

岐阜の四川料理 開化亭 ランチフルコース

繊細な味付けで、フカヒレの柔らかい食感が心地よく歯に感じられます。

そして トリ貝とアスパラガス、サヤエンドウの炒め物

岐阜の四川料理 開化亭 ランチフルコース

オマール海老は大き目のものを二人で分けた感じ。殻つきで炒められているので、大きな身は殻からはずしながら、味などは余すと来なくせせるように食べます。

岐阜の四川料理 開化亭 ランチフルコース

飛騨牛と野菜の炒め物

岐阜の四川料理 開化亭 ランチフルコース

マイタケやタケノコなども入っていて、肉の旨みと野菜の食感がとても印象に残る一品でした。

〆は担々麺と炒飯が選べるということなので二人で一つずつお願いした。

岐阜の四川料理 開化亭 ランチフルコース

こちらの担々麺はややあっさりした感じではありますが、挽肉の旨みがしっかりと感じられ、コクはあるけどコテコテしいないスープが麺によく絡みます。見た目はトウガラシの赤い色があまり無く、最初のうち辛味が穏やかだな~と思いながら食べていましたが、次第に身体が熱くなり汗が出てきました。

炒飯はパラッパラタイプ

岐阜の四川料理 開化亭 ランチフルコース

炒飯は卵とネギのシンプルなもので、見事にパラッパラに仕上がっていました。味的には香りがとても良いと感じましたが、少し淡白かな。水分も飛んでパラパラしているのか、スープと一緒に食べないとのどにつかえる感じです。

デザートに出てきたのは杏仁豆腐。これがまた絶妙な柔らかさで、とても舌触りがよく、口に含むとナッティーな香りが鼻に抜けていきます。中国風ブランマンジェといった感じです。

岐阜の四川料理 開化亭 ランチフルコース

更にフレンチで言うところのプティフールが出てきました。

岐阜の四川料理 開化亭 ランチフルコース

さすがにこれだけ食べればお腹はもう満腹。 ご馳走様でした。


食べログ グルメブログランキング

今回の評価

中国料理のフルコースと言えば一般的にはそうとうな油を摂取することとなり、後で辛い思いをすることが多々ありますが、今回これだけの料理を食べたにもかかわらず、確かにお腹は十分すぎるほど膨れましたが、油っぽさは残りませんでした。

カウンターで料理をいただきながら、厨房で料理が次々と作られている様子を眺めていました。温かい料理のほとんどは一人の料理人が一つの鍋で調理し、皿に盛っていて、店内は私達が入店して間もなく満席となり、店の外にもお客様が並ばれている状態になっていましたが、厨房内はバタつくことも無く、坦々と次々料理が作られ、私たちのコース料理も進行具合をきちんと把握し待たされる事無く適切なタイミングで料理が出されていたことには驚きを隠せませんでした。凄い の一言です。フレンチやイタリアンではなかなかこんな風にはいかないだろうと思います。ただ、接客サービスという面に関しては、対面キッチンで、中のスタッフは忙しくてきぱきと仕事をされ、コミュニケーションをとることは憚れました。またホールを担当されている女性も特に愛想が良いと言う事も無く、必要十分を満たす接客と感じました。

是非岐阜に来ることがあれば再訪したいお店でした。なお、このお店は担々麺を単品で食べることもできます。

  •               ★★★★★
  • 接客サービス        ★★★★☆
  • 雰囲気           ★★★☆☆
  • その他付加価値     ★★★☆☆
  • コストパフォーマンス   ★★★★☆
  • 幸せ度(総合得点)     ★★★★☆

利用日:2014年5月11日(日)

このお店の案内

  • 名称       開化亭
  • 連絡先      056-264-5811
  • 今回の利用料金  約7,000円(ランチフルコース+ノンアルコールビール 税込み)
  • 場所       〒500-8821 岐阜県 岐阜市 鷹見町25-2
開化亭

昼総合点★★★★ 4.5

関連ランキング:四川料理 | 名鉄岐阜駅岐阜駅田神駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>