旅しようよ

伊吹山ドライブウェイの夕日と皆既月食

見晴らし絶景の山頂まで気軽に登れるのが良い 

今夜は皆既月食、天気も上々、ならば伊吹山に登って山頂から観ようという事になりました。

昼間長浜の街を散策し、14:30頃長浜の駅をスタートしました

車は37号線を進み、途中から365号線に入り、関ケ原インター方面に向かいます

IMG_3282 (3000x2000)

左手に伊吹山が見えてきました

IMG_3284 (3000x2000)

伊吹山ドライブウェーの入り口で写真を撮るのをすっかり忘れていました。

総延長17kmで、料金は自動二輪車及びトライク (125cc以下は不可)2,160円、軽乗用車・普通自動車3,090円となっています(H24.10月の時点)

また、営業時間は

4月、5月、6月、7/1~7/18 9月 8時~20時

7/19~8月  3時~20時

10月以降3月 8時~19時

となっています。詳しい内容は下記ホームページでご確認ください

伊吹山ドライブウェイ・ホームページ

えっ!?7時までなの?? 料金所の方に、今夜皆既月食を上で撮りたいんだけど・・・って聞いてみると、

「7時までなので、その少し前にパトロールに周り、声掛けしていきますから、それまでになります」との事

ま、いっか

IMG_3289 (3000x2000)

10月8日ではまだ紅葉はしていませんが、緑に囲まれた道はとても気持ちが良いです

IMG_3292 (3000x2000)

徐々に標高も高くなってきて、ところどころ見晴らしのいいポイントも出てきました

IMG_3294 (3000x2000)

IMG_3297 (3000x2000)

 

とても走りやすく快適なドライブ・・・  帰りはとんでもないことに・・・

IMG_3299 (3000x2000)

IMG_3301 (3000x2000)

あと少しです 空に向かって走っているような気分になりますよ

IMG_3303 (3000x2000)

ここまで来ると絶景です

IMG_3305 (3000x2000)

山頂パーキングに到着。この山頂パーキングには土産物店や定食が食べられるレストランなどもあります。もちろんトイレも

ここに車をとめて、いざ山頂までは徒歩で上ることになります。

山頂までのルートは3本あり、最短距離で結ぶ真ん中の道は下り専用となっています。

登りは今回びわ湖が一望できる西ルートを選びました。

登山口から長浜の街を見下ろす

IMG_3310 (3000x2000)

ここにも「恋人の聖地」が・・・・なんでも、全国に100か所程あるとか

その横にたたずまれているのは「恋慕観音像」だそうです。

016A0313 (3000x2000)

 

016A0314 (3000x2000)

さて 登りますか・・・

IMG_3311 (3000x2000)

このルートは小石を敷き詰めて整備されているので、普通のスニーカーで全然大丈夫です。

IMG_3314 (3000x2000)

 

016A0316 (3000x2000)

 

016A0317 (3000x2000)

勾配はそれほど急ではありませんが、普段運動していない私には結構きつかったです(^_^;)
やっぱり普段から体を動かす習慣を付けないとダメですね

016A0318 (3000x2000)

今の時期、中途半端なのかもしれませんね 夏とかなら花が沢山咲いていそうです。

016A0320 (3000x2000)

ようやく山頂です。風がとても気持ちいい

IMG_3315 (3000x2000)

山頂におわすはヤマトタケルノミコトです

016A0326 (3000x2000)

 

016A0329 (3000x2000)

少し離れたところに弥勒菩薩があります。

016A0335 (3000x2000)

山頂には他に飲み物やちょっとした食べ物の他、土産物なども販売されている小屋のような売店やトイレもあります。一日の利用客数なんて限られているのに、営業を続けて下さるのは頭が下がる思いです。

で、やっぱり山頂に来たからにはこれでしょ!?

プシュッ!

016A0333 (3000x2000)

さて・・・お月様が出てくるまでまだまだ時間があります。という事で、その前に近江に沈む夕日など撮影しようと思います

IMG_3321 (3000x2000)

が・・・あんなに良い天気だったのに ガスがかかり始めました 太陽がお月さんのようです

016A0340 (3000x2000)

下界は晴れている感じですが・・・

016A0341 (3000x2000)

016A0342 (3000x2000)

場所を移動し、琵琶湖が見えるところに三脚を構えることに

と、そこには私たちが登頂した時からすでに三脚を構えていた若者が・・・

隣良いですか?と声をかけ、三脚を並べる 話していると、大阪から一人で来られたとの事でした。

016A0350 (3000x2000)

さて・・・綺麗に撮れると良いんだけど・・・ でもこのガス・・・

IMG_3324 (3000x2000)

これが精いっぱいか

016A0362 (3000x2000)

ほら こんなにガスが・・・この調子だと月は望めそうにありませんね…

016A0367 (3000x2000)

時折雲が切れたタイミングにシャッターを切りますが

016A0374 (3000x2000)

 

016A0379b

山の向こうに日が沈む絵は撮れそうにありません。仕方なく太陽のアップを数枚

016A0388b

ドライブウェイからの夜景も素晴らしい が、サファリパーク状態に!

あきらめて下山することにしました。この時期ですが、山頂はめっちゃ寒くなってきたので・・・

駐車場まで下りると、雲がかかっているのは山頂だけという事がわかりました。

016A0395 (3000x2000)

駐車場から車を出し、少し下ったところから綺麗な景色が見えたので、車をとめて、改めて三脚を構えて数枚撮ってみました

016A0404 (3000x2000)

撮り終わったころ、割と近くでクィー~ンっと甲高い鳴き声が・・・ 今のなに!?

するとまたクィ~~ェン ひょっとして鹿じゃない!?

凄いね、きっと鹿だと思うけど、こんな高いところにいるんだね

などと言いながら、再び車を出し、少し下って山の反対側に回った時・・・!!!

月が出てる!!

これは撮らねば

016A0408 (3000x2000)

丁度その下には岐阜方面と思われる夜景が広がっていて、すごく良い感じ

また伝家の宝刀よろしく、でかくて重い28-300mmのLレンズを取り出し、シャッターを切る

016A0425 (3000x2000)

う~んもっとでかく撮りたい

という事で、今度はパナソニックのビデオカメラを取り出す。これだと50倍ズームだ

S1030008b

と、その時、遠くに赤く点滅する光が目に入ってきた

飛行機? 飛行機だ!! こっち来い! 月に向かってこい!!

これでもかという位念を贈る

見た見た??

2014-10-08_181941

こんな風に月の前を飛行機が通過しましたよね ラッキー!!

気分よく撮影を切り上げ、時間が迫る中下山することにしました

 

車をだしてすぐのこと、 危ない!!

カーブを曲がった時、目の前に鹿が数頭道路に出てきていました

危ない危ない 気を付けないと・・・

016A0431 (3000x2000)

やっぱり鹿いるんだね・・・

と走りだしてすぐまた おおっと! まただよ
鹿君 危ないよ~

016A0435 (3000x2000)

こんな感じで、料金所に着くまで、本当に数えきれないくらい鹿と出会いました。さらにキツネも道路をひょこひょこ歩いていたり・・・まさにサファリパーク状態(^_^;)

何とか無事に下山し、料金所を通過したのは7時チョイ前でした。

お月さんは半分くらい隠れてたかな…

帰りは高速に乗り、多賀SAで見上げると、お月さんがちょうど綺麗に隠れ、赤くなっていたので、もう一度撮影

016A0442 (3000x2000)

伊吹山 楽しかったな~

また別の季節にも登りたいですね

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>